解体工事Q&A

古い家を所有していますが、築何年で解体するのが一般的ですか?

両親が亡くなってから、両親が住んでいた家が空き家となり、管理する人間もおらず、かなり傷んできています。

今のところ誰かが住む予定もないので、そろそろ取り壊すべきかどうか悩んでいるのですが、一戸建て住宅は築何年くらいでで解体するのが一般的とされていますか?

ご相談で多い築年数は30~50年程度ですが、ご自身のメリット・デメリットを主な判断材料として検討することをお勧めします。

解体されることが多い築年数

あくまでも私達(くらそうね解体)がご相談いただいている経験を基にした数値ですが、一般的な戸建て住宅の場合、築30~50年程度の家屋が解体工事のご相談をいただく主な物件です。(マンションの場合は築40年以上であることが多いと思います。)

欧米諸国の住宅寿命が80~100年であることと比べると、取り壊しを行うのには非常に短い築年数ですが、高度経済成長期に建てられた家は、「まずは住めればよい」という発想で建てられた家が多く、更に日本が降雨量が多く木材の劣化が進みやすい気候であることから、寿命が短いのが特徴です。

取り壊しを行う原因としては、老朽化に伴う建替え、管理できない空家の処分、土地の売買に伴う撤去、というように様々です。

一概に築年数では測れない

その一方で、築30年未満の建物を壊すご依頼も頻繁に受けています。

解体の理由としては、大きな欠陥が見つかったことによる建替、家族構成の変化による建替、火災による焼失、区画整理による立ち退き、etc.

住宅の寿命としてはまだまだ住めるのにも拘らず、やむをえない事情によって解体を行う方も存在します。

ご自身の事情に合わせて進めることが大切

大切なのは築年数にとらわれすぎることなく、ご自身の事情に合わせたメリット・デメリットを考慮したうえで判断をすることです。

ご実家の手入れのために帰省している時間が無駄ではないか?
建物を壊した方が土地を活用できるのではないか?
今の内に壊しておいた方が、先々の相続の際に有利ではないか?

というような個別の事情をしっかりと考慮した上で、最終的な判断を下していただくと良いでしょう。

参考

解体工事を行う際の一般的なメリット・デメリットについては遠方の空き家を壊すべきか迷っています。メリット・デメリットは?も参考にしてください。

古家の解体をスムーズに行いたい方はコチラへ

解体見積一括サービス

同義語:築年数,どれくらいの古さ,取壊し,住宅寿命,取壊し,撤去,古家処分,古民家,空き家,小屋

こちらの記事は役に立ちましたか?

12345 (1 投票, 平均点: 5.00)
Loading...Loading...

解体工事で成功するためのポイント
"費用の相場をしっかりと理解しよう!"

解体工事を成功させるためには、相場をしっかりと調べた上で解体工事会社に見積り依頼し、値段交渉を進めていくことが大切です。まずはご自身の建物の相場を見てみましょう!

Q&Aのトップに戻る

ページの先頭へ戻る