解体工事Q&A

遠方から見積り依頼をする時に工事範囲を指定・確認する方法はありますか?

遠方にある実家の解体を考えています。業者に見積りを依頼したいのですが、遠方なので現地で立ち合いをしながら工事範囲・作業内容の確認をすることができません。要望を間違いなく伝え、出てきた見積りにも間違いがないか確認する方法はありますか?一度も現地に行かないまま契約してしまうことは避けたほうがいいでしょうか?

見積り依頼時に地図と写真を添付し、業者に依頼をするのが良いでしょう。また、見積り提出の際には、業者から解体範囲を図示してもらうと間違いが起こりにくいと思います。

依頼時には地図と写真を添付すること

遠方にある物件の解体見積り依頼をする際に、工事場所が伝わらないことが多々存在します。その原因としては、同じ番地内に複数の家屋が存在し解体家屋の特定ができない場合や、地番と住居表示の住所がずれていて、地図から場所を特定できない場合など様々です。場所の特定を正確に行うためには、見積り依頼時に口頭で住所を伝えるだけでなく建物の位置を明示した地図と、できれば写真を添付し見積り依頼をしていただくと良いでしょう。また、現在表札に表示されている名前も伝えていただくとより確実です。

見積書にも図面を添付してもらう

上記のような依頼を行った後も油断は禁物です。業者から見積りを出してもらう際に、解体範囲を明示した図面(手書きでも構わない)を添付してもらうことをお勧めします。施主からの指示だけでは「伝えたつもりが、伝わっていない」という事態を招きかねませんが、業者からの書類提示を受けることにより、しっかりと要望が伝わっていることの確認が取れます。施主から写真を送っていない場合は、業者から写真を返送してもらうようにすれば、いっそう確実性の高い手段といえます。

契約前には立ち会いを

業者を比較する段階では、上記のような内容で問題はないと思いますが、候補業者を絞り契約の段階では、契約場所を現地にするのがベストです。いくら写真や図面を用意したからといって100%ではありませんし、契約を行う前には業者の対応を自分の目で確かめておくことが大切です。遠方ということであまり時間が取れない場合には、現地立ち会い・契約・近隣あいさつをすべて同日に設定し、一日で済ませてしまうと最も効率的であるといえます。

お近くで優良な解体工事会社を複数お探しの方はコチラ

解体見積一括サービス

同義語:遠く,かなり離れた場所,要望,要請,申し出,申し入れ,申請,請求,指示,限定,確かめる

こちらの記事は役に立ちましたか?

12345 (まだ評価されていません)
Loading...Loading...

解体工事で成功するためのポイント
"費用の相場をしっかりと理解しよう!"

解体工事を成功させるためには、相場をしっかりと調べた上で解体工事会社に見積り依頼し、値段交渉を進めていくことが大切です。まずはご自身の建物の相場を見てみましょう!

Q&Aのトップに戻る

ページの先頭へ戻る