解体工事Q&A

仏壇を動かす前には、何かお払い等をした方が良いのでしょうか?

建替えに伴って自宅を壊すことになっています。知人から、「仏壇を動かすときは精抜きという儀式を行った方が良い」と聞きましたが、必ず行ったほうがいいのでしょうか?

精抜きとはどんなもので、どんな作法なのでしょうか?自分でやるべきものですか?

お寺によって精抜きを行うかどうかは異なります。詳しくはお寺に確認してください。

本来、仏教に魂という考え方は無い

精抜きは「仏壇に宿る魂を抜く」という考えで行われるものですが、本来仏教には魂という考え方自体が存在しません。

初期の仏教について、wikipediaにも次のような記載があります。

『スッタニパータ』などの最初期の韻文経典では、無我はさかんに説かれる。それらによれば、「無我」は我執の否定を意味し、そのように、あらゆるものが我ではない(諸法無我(パーリ語:sabbe-dhammā-anattā सब्बे धम्मा अनत्ता)と観察し、これを智慧(prajNa)によって理解すると、清浄(しょうじょう)で平安な涅槃の理想に到達できるとする。
最初期の仏教経典では、我(自己, 魂, attan, ātman, आत्मन्)を
「私のもの」(パーリ語:mama मम)
「私」(パーリ語:ahaṃ अहं)
「私の我(自己、魂)」(パーリ語:me attā मे अत्ता)

そもそも魂が存在しないのですから、それを抜く必要も無いわけです。

慣例として存在する精抜き

しかしながら、時代と共に仏教への様々な解釈が生まれる中で、魂を抜く「精抜き」も生まれました。

宗派によって方法は異なりますが、仏壇に念をかけたり、お経を読み上げることで魂を抜き、その上で仏壇の移動を行います。

現在では多くの人に認知されており、「精抜きをしないとバチが当たる」というように考える人も存在するようになりました。

解釈はお寺によって様々

精抜きを行うかどうかは、お寺によって様々です。

同じ宗派であっても、「精抜きはするべき」というようにお話をされるところもあれば、「精抜きという考え方は仏教に反しているので、行うべきではない」というお寺も存在します。

まずは普段からお世話になっているお寺の住職さんに確認して、どのように対応するべきかを決めてください。

長年お世話になったお住まいを丁寧に壊してくれる解体工事会社をお探しの方はコチラ

解体見積一括サービス

同義語:お精抜き,性根抜き,正念抜き,魂抜き,仏壇,引越し,僧侶,お坊さん,坊主

こちらの記事は役に立ちましたか?

12345 (3 投票, 平均点: 3.33)
Loading...Loading...

解体工事で成功するためのポイント
"費用の相場をしっかりと理解しよう!"

解体工事を成功させるためには、相場をしっかりと調べた上で解体工事会社に見積り依頼し、値段交渉を進めていくことが大切です。まずはご自身の建物の相場を見てみましょう!

Q&Aのトップに戻る

ページの先頭へ戻る