解体工事Q&A

近隣へのあいさつ回りの回数は何回行えばいいでしょうか?

近隣挨拶の回数は一般的に何回行うものでしょうか?

今後も長くお付き合いしていくご近所からクレームが起きないようにするためには、しっかりと常識的な挨拶をするのが重要だと思うので、挨拶に伺うタイミングなども踏まえて教えてください。

工事前と工事後の二回が一般的です。

あいさつは二回

工事前に一回、工事後の一回が、近隣あいさつの基本的な回数です。この二回を行っていただければ、一般的な常識の範疇での勤めを果たしているといえます。

工事前のあいさつ

意味

工事中に発生するご迷惑に対して、ご理解とご協力をいただくことをお願いするため。

タイミング

工事着工の1週間前程度。洗濯を行うスケジュールを検討していただいたり、車を移動していただくための期間を設けるため、遅くとも2〜3日前には伺うこと。

用意するもの

工事のスケジュールや業者の連絡先等が記載された、あいさつ状と粗品(タオル、石けん等)。

業者との連携

事前にあいさつに行く日を業者に伝え、できれば一緒に回れるようタイミングを合わせる。

まわる範囲

最低限両隣と裏の家、道路向かいの家を回る。できれば、周囲6~7軒は回った方がよい。

工事後のあいさつ

意味

工事にご協力いただいたお礼と、何か気づかない迷惑をかけていることがなかったかの確認。

タイミング

工事完了後、すぐ。当日、もしくは翌日。一日でも早いほうが望ましい。

用意するもの

特になし。ただし、工事前に回らなかった家がある場合には、同等の粗品を用意する。

業者との連携

工事前と同様に、業者とスケジュールを調整し一緒に回るのがよい。

まわる範囲

工事前と同様。何か予想外の迷惑があった場合には、工事前に回らなかった家も含める。

何かトラブルが起きた場合

工事中にトラブルが発生した場合は、上記に限らず、すぐにクレームをいただいた方のところに、解体業者と一緒に足を運ぶようにしましょう。クレームをいただいた場合には、まずは状況を把握し、ご迷惑をかけた方のお話しを聞くのがなによりも大切です。ご迷惑の程度に併せて、菓子折等を用意していただくとよいでしょう。

挨拶のタイミングなど工事以外の細かな相談もできる業者のご紹介はコチラ

解体見積一括サービス

同義語:お願い,近所,お詫び,挨拶状,ご協力,回数,お伺い,訪問,お尋ね,依頼

こちらの記事は役に立ちましたか?

12345 (まだ評価されていません)
Loading...Loading...

解体工事で成功するためのポイント
"費用の相場をしっかりと理解しよう!"

解体工事を成功させるためには、相場をしっかりと調べた上で解体業者に見積り依頼し、値段交渉を進めていくことが大切です。まずはご自身の建物の相場を見てみましょう!

Q&Aのトップに戻る

ページの先頭へ戻る