解体工事Q&A

請負契約前に注意すべきポイントはありますか?

解体工事をするにあたり、業者の選定を進め、満足のいく条件が提示された業者と契約を進めようと思っています。細かな打ち合わせ事項がたくさんあったので、こちらの要望や条件がすべて正しく相手に伝わっているのか心配です。契約後にトラブルにならないために、今のうちに再確認しておくべき項目は何かありますか。

契約金額、追加費用の可能性、工事範囲、工事スケジュール、支払いのタイミング、申請・手続きの担当、契約解除の流れなどを確認すると良いでしょう。

契約書の存在

解体工事の際に契約書を交わすことは建設業法で定められています。また、口約束での工事は後々トラブルの原因となるため、施主の立場を守るためにも重要です。業者のモラルを図る上でも、契約書が用意されているかどうかを確認しましょう。

契約金額

もう一度、契約金額に間違いがないか確認しましょう。消費税が含まれているかどうかがあいまいになったままで、話を進めてきてしまっている可能性がありますので、その点も注意が必要です。

追加費用の可能性

追加費用が発生する原因としてどのようなものがあるかの確認です。一般的には、地中障害物(岩、ガラ、昔の建物の基礎)が別途費用とみなされることが多いようです。また、建物がベタ基礎であった場合の費用の確認も行っていただくことをお勧めします。(昔の建物は高い確率で布基礎であるため、基礎を見ずに布基礎として見積もることが慣例になっています)

工事範囲

工事範囲に誤りがないかの確認です。庭石、庭木、ブロック塀の解体範囲は適正でしょうか。また、建物の部分解体がある場合には、補修工事まで含まれているでしょうか。土の漉き取りや整地はどうでしょうか。誤解が生まれやすい部分ですので注意しましょう。

工事スケジュール

着工日と完了日は、いつになっているでしょうか。天候等の影響で工期が延びる可能性はどれくらいあるでしょうか。新築工事や借地の返還を控えている場合は、金銭的な損失を生じる場合がありますので注意が必要です。

支払いのタイミング

支払いのタイミングはいつになっているでしょうか。定期預金の切り崩しやローンの実行が関係する場合は特に注意が必要です。また、工事前の全額払いが設定されている場合は、施主のリスクが大きいため変更の要求をしましょう。支払いは工事完了後全額か、手付金が設定されていても半額までであることが一般的水準です。

申請・手続きの担当

役所や警察への申請は誰が行うことになっているのでしょうか。代表的なものに、建設リサイクル法の事前届け、道路使用許可申請、滅失登記(解体工事会社は基本的に行いません)があります。また、近隣住民への対応として近隣あいさつや借地の交渉は誰が行うかも明確にしましょう。

契約解除の流れ

万が一、契約解除があった場合にどのような流れで行うかや、違約金の発生の有無、やむを得ないと認められる事情について確認を行います。

事前に起こりうる問題・注意点をお知らせしてくれる業者をお探しの方はコチラへ

解体見積一括サービス

同義語:約定前,注意点,締結,取り結ぶ,取結ぶ,要点,チェック,確認,契約前,懸念点

こちらの記事は役に立ちましたか?

12345 (まだ評価されていません)
Loading...Loading...

解体工事で成功するためのポイント
"費用の相場をしっかりと理解しよう!"

解体工事を成功させるためには、相場をしっかりと調べた上で解体工事会社に見積り依頼し、値段交渉を進めていくことが大切です。まずはご自身の建物の相場を見てみましょう!

Q&Aのトップに戻る

ページの先頭へ戻る