解体工事Q&A

解体工事会社が不用品を回収するのは合法ですか?違法ですか?

解体工事をするにあたり、解体業者が家の中の不用品を持っていってくれると言っていました。工事で出る産業廃棄物と、一般家庭から出す一般廃棄物では処分に必要な許可が異なると聞きましたが、解体業者が一般家庭の廃棄物を処分するのは法律的に問題ないでしょうか?お願いしてしまって大丈夫でしょうか?

解体工事会社が一般廃棄物収集運搬業許可を持っているか、一般廃棄物収集運搬業許可業者に委託をするのであれば合法です。

解体工事会社が一般廃棄物収集運搬業許可を持っている場合

解体工事会社が一般廃棄物収集運搬業許可を持っている場合、合法的に不用品の処分が行えます。ご指摘いただいているように、産業廃棄物収集運搬業許可と一般廃棄物収集運搬業許可はまったく異なる許可です。解体に伴う廃材が産業廃棄物であるのに対し、家財は一般廃棄物にあたるため、一般廃棄物用の許可が必要となります。業者が許可を保有しているのであれば、問題なく撤去は可能です。

一般廃棄物収集運搬業許可業者に委託をする場合

解体工事会社が一般廃棄物の許可を持っていなくても、不用品の処分を一般廃棄物収集運搬業許可業者に委託をする場合には、合法に作業は行えます。収集運搬という作業は、現地で廃棄物をトラックに積み込んだ後の作業を指しますので、不用品を委託先業者のトラックまで積み込む作業は解体工事会社が行い、その後は委託先に任せるという方法であれば法律的な問題はありません。

違法となるケース

解体工事会社が一般廃棄物収集運搬業許可を持っていないにも拘わらず、不用品の回収を行ったり、一般廃棄物を産業廃棄物として処理することは、廃棄物処理法違反となります。解体時に解体工事会社がタンス等の木製品を建築廃材に混ぜて処分することが慣例的に行われてしまっているのですが、厳密には違法行為にあたるのでご注意下さい。

法令を順守し様々なサービスを取り扱える解体工事会社をお探しの方はコチラ

解体見積一括サービス

同義語:不要品,ゴミ,ガラクタ,要らない,法的,法律上,問題,大丈夫,撤去,除去

こちらの記事は役に立ちましたか?

12345 (まだ評価されていません)
Loading...Loading...

解体工事で成功するためのポイント
"費用の相場をしっかりと理解しよう!"

解体工事を成功させるためには、相場をしっかりと調べた上で解体工事会社に見積り依頼し、値段交渉を進めていくことが大切です。まずはご自身の建物の相場を見てみましょう!

Q&Aのトップに戻る

ページの先頭へ戻る