解体工事Q&A

古い家が建っている土地の売却を検討していますが、そのままで売るか壊してから売るか迷っています。

土地の売却を検討していますが、現在は使用していない家が建っています。

建物を残したまま売却をするか、建物を壊して更地にしてから売却するか迷っていますが、どちらのほうが良いのでしょうか?また、解体することになった場合は、自分で業者を手配したほうが良いのでしょうか?

まずは解体工事の見積りを取り、中古住宅つきで売りに出すことをお勧めします。

中古住宅付でも売れる

土地の売却というとなかなか頻繁にあることではありませんので、あまり知識をお持ちでない方が多いと思います。

よく質問いただく内容の一つに、「更地にしないと売却できないの?」というものが有りますが、決してそんなことはありません。

結局は、買主の方が納得してお話を進めてくれるかどうかなので、まずは中古住宅付のままで売りに出すと良いでしょう。(土地の引渡し時期も買主と相談して調整できます)

お勧めは自分でも解体工事の見積りを取ること

少しでも良い条件で売却するためにお勧めしたいのが、「自分でも解体工事の見積りを取ること」です。

解体工事会社に「現在、土地の売却を考えているので、解体費用を知りたいのですが・・・」とお話いただければ、快く見積りを出してくれる業者は存在します。

売却価格の交渉に利用する

illustration

例えば、中古住宅付の売却価格が2,000万円の土地に対し、買主が「解体費用がかかるので1,900万円にしてほしい」という要求をしてきたとします。

この時、お手元の見積りにある費用が80万円であれば、「それでは解体はコチラで行うので、2,000万円のままでどうですか?」とすかさず切り返すことが可能です。

事前に解体費用を把握しておけば、柔軟な交渉が可能になります。(もちろん値引きに応じないのも一つの選択肢です)

不動産屋さんからの紹介には、バックマージンが含まれていると心しておく

不動産屋さんの中には、解体工事会社を紹介してくれる業者が少なくありません。

とても親切なお話ですし、不動産屋さんが普段から取引のある業者であれば幾分か安心できますが、見積りにバックマージンが含まれている可能性を心しておく必要があります。

まったくマージンをとらない良心的な不動産屋さんも存在すると思いますが、一般的に不動産屋が解体工事会社から受取る紹介料は10%前後が多いようです。

その分の費用は見積もりに上乗せされますので、時間にゆとりが有るのであればご自身で業者を探すと良いでしょう。

買主が見つからない場合は、解体してしまうのも手

中古住宅つきで売りに出しても買い手が見つからなかった場合には、先んじて解体工事を行ってしまうのも一つの選択肢です。

土地の購入者は、購入後に家を建てることが多いと思いますが、既に建物が建っている場合、土地のイメージをつかみにくいものです。

多くの買主に広くアピールするためにも、売れない期間が長く続いた場合には、更地にしてしまっても良いと思います。

優良解体工事会社の見積りが必要な方はコチラへ

解体見積一括サービス

同義語:売る,売り払う,売りわたす,中古住宅付土地,古家付土地,古屋付土地,撤去

こちらの記事は役に立ちましたか?

12345 (9 投票, 平均点: 4.33)
Loading...Loading...

解体工事で成功するためのポイント
"費用の相場をしっかりと理解しよう!"

解体工事を成功させるためには、相場をしっかりと調べた上で解体工事会社に見積り依頼し、値段交渉を進めていくことが大切です。まずはご自身の建物の相場を見てみましょう!

Q&Aのトップに戻る

ページの先頭へ戻る