お客様の声|くらそうね解体 解体工事一括見積

大分県大分市松が丘 木造住宅 S様

解体工事会社を探している際に迅速に対応いただき助かりました!

こんにちは。くらそうね解体を運営している株式会社クラッソーネの木村です。 今回は20~30坪の木造住宅を建て替えのために解体された40代男性のS様にインタビューさせていただきました!

 

老朽化が解体のきっかけ

クラッソーネ木村:解体工事をされたきっかけについてお教えください。

S様:物件が老朽化で住みづらくなって来たので古家から建て替えるため解体をしました。

 

くらそうね解体を選んだのは迅速な対応力

クラッソーネ木村:建て替える際に頼まれたハウスメーカーでの紹介はございませんでしたか。

S様:ハウスメーカーの担当が「紹介することは出来るけど、うちは手数料を結構乗せているから他で頼んだ方が絶対安くなりますよ」と言ってくれましたので、ハウスメーカーで見積もりは取りませんでした。

それであれば他で探そうということになり、まずは地元の業者に声をかけて見積もりを取りました。

次にインターネットで「解体」と検索して「くらそうね解体」を見つけました。

「くらそうね解体」の評判や体験談を確認して、見積もりも無料だったし申し込みをしました。

 

クラッソーネ木村:そうでしたか。ありがとうございます。

「くらそうね解体」と地元業者様以外に他に見積もりをお願いされた解体工事会社はございますか。

 

S様:あります。他のマッチングサービスにも声を掛けました。

ただ、「くらそうね解体」のレスポンスが早くて対応スピードに安心感があったので、他のマッチングサービスの方で見積もりは取りませんでした。

なので「くらそうね解体」を選んだのは迅速な対応力ですね。そこは間違いなかったです。

 

20万円強の削減ができました

クラッソーネ木村:ありがとうございます。地元の業者様とお比べされて、金額的にはいかがでしたでしょうか。

S様:安くなりました。確か20万円強といったところでしょうか。

まず、「くらそうね解体」から紹介してもらった解体工事会社の1社から先に見積もりが出てきて、自分でできるところはやるから安くならないかと交渉して出てきたのが100万円弱の金額で出てきました。

大体相場が分かってきていたため、100万円を切ったら、もうそれ以上は難しいかなと思っていました。

しかし、2社目に紹介してもらった解体工事会社から73万円の見積もりが出てきて驚きました。大変嬉しいなと思う半面、あんまり安いのでちゃんとした解体工事会社なのだろうかと不安になったところはありました。

 

クラッソーネ木村:どのようにしてその不安は解消されたのでしょうか。

S様:自分で解体工事会社へ直接問い合わせしました。

例えば、不法投棄をしていないだとか、というところですね。解体工事会社の担当者さんとお話をして問題なさそうでした。

 

解体工事会社とのやりとりで気を付けたところは何?

クラッソーネ木村:不法投棄以外にも何か他に気を付けたことがございましたらお教えください。

S様:どういう追加料金が発生するかも確認をしました。

解体工事会社からは残置物あったり、べた基礎、地中埋設物があると追加は発生しますと明確に説明してもらいました。

また、解体工事会社の方からも重機入る時にU字溝が割れてしまったとか、グレーチングを破損したらそれは負担しますから安心してくださいと言ってくれました。

打ち合わせ時にしっかりとすり合わせをした事で不安を解消できたと思います。

そういった部分でも本当に感謝していたので、解体工事会社から書類をもらうときに郵送とか持ってきてもらう事も出来ましたが、取りに伺いますと言って、事務所に行きましたからね。

 

クラッソーネ木村:そうでしたか。わざわざありがとうございます。打ち合わせの際に双方のすり合わせがしっかり出来ている事が重要という事ですね。

S様:そうですね。あとは、自分自身でどんな解体工事会社なんだろうと調べてみるとか、担当者との人柄、対応スピードなどをしっかりと見ておくという事も重要だと思います。

 

クラッソーネ木村:ちなみにお安くなった分のお金は何に使用されたのでしょうか。

S様:家具であったり、他の事に色々使いたかったので、大変助かりました。

本当にいい解体工事会社を紹介してくださって助かりました。ありがとうございました。

 

クラッソーネ木村:ご満足いただけて何よりです。ありがとうございました。

 

解体前

 

解体後

さあアナタも一括見積で解体費用をコストダウンしましょう!

見積の流れはとても簡単!発注しない限りはもちろん無料です。

1.見積を依頼する
2.業者の現地確認
3.見積書を比較する
4.発注〜解体工事

ページの先頭へ戻る