解体ブログ

解体工事会社探しをする前の心得3カ条

解体工事会社探しをする前の心得3カ条
ハウスメーカー・工務店の高いマージンを抑えるために、ご自身で解体工事会社を探される方は増えてきています。今こうしてこのサイトを見ていただいているあなたも、きっとその一人ではないでしょうか? 解体工事会社に直接工事を依頼するということは、費用面で非常に効果が大きいものです。しかしそういったメリットに伴って、解体工事会社を自分で手配することには『責任』や『リスク』が伴うということも忘れてはいけま…

続きを読む

建物解体の法律:アスベスト対策関連法

建物解体の法律:アスベスト対策関連法
アスベスト(石綿)は、高い断熱性や耐火性から『夢の建材』として高度経済成長期の建物に多く使われてきました。 しかし後に人体への悪影響が判明し、現在の日本では使用・製造が一部の特例を除き禁止されています。 建物解体工事の際にも、アスベストは作業者や周囲に影響を及ぼすことから、様々な法律で規定が設けられています。 大気汚染防止法 もとは工場などの排気ガスを取り締まるために制定された法律で…

続きを読む

建物解体の法律:建設リサイクル法

建物解体の法律:建設リサイクル法
建設リサイクル法は、正式名称を『建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律』といいます。(またまた長いですね^^;) 解体工事に関する規則を定めた法律として、もともと建築関連法と廃棄物処理法がありましたが、適正処理の100%実施を実現するため、両者の不足を補う法律として2000年に制定されました。 建設リサイクル法のポイントは3点です ポイント1:500万円未満の工事でも解体工事業者…

続きを読む

建物解体の法律:廃棄物処理法(廃掃法)

建物解体の法律:廃棄物処理法(廃掃法)
廃材を処理する過程において、もっとも重要かつ基礎となっている法律が『廃棄物処理法』です。 廃棄物処理法や廃艘法というのは通称で、正式名称は『廃棄物の処理及び清掃に関する法律』といいます。(長いですね^^;) この法律は高度経済成長の末期、日本が公害問題にゆれている昭和45年に制定されました。元々は『清掃法』という『家庭ごみ』や『汚泥』の処理方法を示した法律が基礎となっているのですが、時代の…

続きを読む

建物解体の法律:建築関連法

建物解体の法律:建築関連法
建築工事全般に関する規定を謳っている建築関連法ですが、解体工事について定められている点では大きく2つのポイントがあります。 1つずつ順番に見ていきましょう。   ポイント1:解体工事を行うには許可が必要(建設業法より) 建設業法には以下のような記載があります。 建設業法より抜粋 第三条  建設業を営もうとする者は、次に掲げる区分により、この章で定めるところにより、二以上の都道府県の…

続きを読む

建物解体工事に関する法律まとめ

建物解体工事に関する法律まとめ
建物解体工事は、環境に及ぼす影響や、事故の危険が伴う工事です。ですから、安全かつ適正に工事が進むように、法律での決まりも厳しく定められています。 しかし、ただでさえなじみのない業界ですから、いざ調べようと思っても難しい言葉ばかりが並んでいて、なかなか理解するのは難しいものです。 そこで、このトピックでは解体工事に関する法律の関係をザックリとご紹介したいと思います。 流れに分けて考えてみる…

続きを読む

ページの先頭へ戻る