解体工事の匠ポータル

解体工事用語集

固定資産税の検索結果

固定資産税

土地・家屋・売却資産などに課税される地方税。所有者がその固定資産の価格をもとに算定された税額を市町村に納めることになっている。固定資産税の税率は、課税標準額に対し1.4%と定められている。課税標準額とは、「総務大臣が定め […]


固定資産税評価額

市町村の税務課にある固定資産課税台帳に登録してある土地や建物の評価額のことで、固定資産税や都市計画税、不動産所得税などの計算をする時に必要となる。評価額は国が定めた「固定資産評価基準」に基いて市町村が決めている。一般的に […]


住宅用地に係る固定資産税特例措置

住宅用地の税負担を軽減する必要から当該年度の固定資産税課税標準額を前年度と同額に据え置く措置のことで土地の固定資産税の負担水準を均衡化するために設けられた特別措置のこと。家屋の新築や増築、用途変更などがあった場合、資産 […]


住宅用土地に対する軽減措置(固定資産税

1月1日の賦課期日現在で、専ら人の居住の用に供する家屋の敷地の用に供されている専用住宅や一部を人の居住の用に供する家屋の敷地の用に供されている併用住宅が実際に建っている土地に対する固定資産税の課税標準を軽減する特例のこと […]


解体後に固定資産税は下がりますか

解体工事をすると、それまで支払っていた家や土地に関する税金が変わると聞きました。もし下がるなら解体工事をすぐにでも依頼したいのですが、上がるなら解体せずに残しておいたほうがいいということになります。税金は上がるのでしょう […]



施主はどんな思いで解体工事の見積りを取っているのか

施主はどんな思いで解体工事の見積りを取っているのか

施主の気持ちをのぞいてみよう 解体工事業を営む中で様々なお客様と接することがあると思います。お客様の考えは千差万別ですが、どんな事を考えて見積り依頼をされているのか想像したことはありますか。お客様を理解することによって、 […]


賦課期日

その日現在で1年度分の納税義務者、課税客体などの課税要件を確定する日のことで、個人の住民税、固定資産税、都市計画税、自動車税、軽自動車税などが該当する。課税期間の途中で所有者や課税客体の変更があった場合にその都度、納税義 […]


古家付土地

築35年以上のほぼ経済的価値の無い古い住宅が建っている土地のこと。現在の日本の不動産市場では、築年が10年を超えると経済的価値が急速に下がり、ほとんど土地だけの価値になってしまう。そのため、十分住める状態の家の場合も物件 […]


事業用地

広義な意味ではオフィスや店舗などのビジネス用地も含まれるが、一般的には工場や研究所、配送センターや倉庫といった「ものの生産、流通、保管」に関わる産業施設用地を指すことが多い。また、事業用地に企業立地する際は、調査・計画段 […]


ページの先頭へ戻る