解体工事の匠ポータル

解体工事Q&A

カスケードガレージの解体費用はいくらくらいかかりますか?

自宅にカスケードガレージがありますが、ガレージとしてはほとんど使用しないので、解体をして敷地内に雑貨店を作りたいと思っています。カスケードガレージの解体費用の相場はいくらくらいでしょうか?できるだけ費用を抑えたいのですが、なにかいい方法はありませんか?

建物と一緒に壊す場合は1台15万~20万台、単体の場合はそれにプラス10万円くらいが相場です。

重機を使った大掛かりな作業になる

カスケードガレージは主に北海道、東北、北陸など豪雪地帯で使用されることの多い、丈夫なガレージです。最近は外国のガレージマーケット風に、お店のように使う方もいらっしゃいます。カスケードガレージの解体は、単体での解体か、建物と一緒の解体かによって価格が違ってきます。建物と一緒の解体の場合、大きさによりますが、1台分のスペースのカスケードガレージで15~20万台、2台分の広さのカスケードガレージでも20万~25万台の価格で解体ができます。これは条件が良い場合での相場で、重機やトラックが入らないような狭い場所など立地などの条件によって価格が上がることもあります。またガレージ単体での解体は、プラス10万円くらいが相場です。単体での解体であってもカスケードガレージはプレハブと同様、重機やトラックなどが必要になり、大掛かりな作業であることには違いありません。

ガレージ単体の解体の場、15キロ以内の近隣の業者を

もし単体での解体をご希望され、費用をなるべく抑えたい場合はご自宅から距離の近い解体業者を選ぶことがおすすめです。費用は移動距離も反映されるので、なるべく近い業者のほうが、見積りが割安となる傾向にあります。距離としては15キロ以内の業者から検討されると良いでしょう。業者選びのポイントはガレージ、もしくは10坪程度の広さの解体経験の有無です。また、プラン提案の現実性や説明のわかりやすさ、処分の方法などもチェックしてください。

新しいカスケードガレージに建替える場合

古いガレージを解体し、新しいガレージを設置される場合には、古いガレージを無料に近い金額で引き取ってくれる場合もあります。最近は様々なデザインが出てきており、ご要望に沿ったものが手に入れやすい状態となっています。カスケードガレージは、【エクステリア業者】が専門的に提案できることが多いです。もし業者選定にお困りの場合は、解体工事の匠の姉妹サービス、エクステリアの匠に相談してみてください。エクステリア業界出身の専門家が、近隣で、ご希望にあった業者をご紹介いたします。エクステリアの匠はこちら

実際に近くの優良業者を探してみよう!

解体見積一括サービス

こちらの記事は役に立ちましたか?

12345 (まだ評価されていません)
Loading...Loading...

解体工事で成功するためのポイント
"費用の相場をしっかりと理解しよう!"

解体工事を成功させるためには、相場をしっかりと調べた上で解体業者に見積り依頼し、値段交渉を進めていくことが大切です。まずはご自身の建物の相場を見てみましょう!

Q&Aのトップに戻る

ページの先頭へ戻る