解体工事の匠ポータル

解体工事Q&A

複数の所有者による共有名義の建物を壊す注意点はありますか?

長らく使用していない空き家の取り壊しを検討していますが、所有者が自分一人ではなく他にも複数存在するので、自分だけの一存で解体を決めてしまっていいものか悩んでいます。解体をした後の手続きも、自分だけで申請をしても受理されるのでしょうか。

他の所有者の合意を得た上で、取り壊しを行うことが大切です。無断で壊した場合には、訴訟に発展する可能性があります。滅失登記については、名義人1名の署名があれば問題ありません。

所有者全員の合意が大切

このような場合において最も大切なのは、他の所有者の合意を得た上で工事を行うことです。所有者が複数にまたがるというのは、相続の場合などに起こりうる事柄ですが、取り壊しの是非について親族の意見が分かれることは珍しくありません。

無断で壊すと裁判になる可能性も

しっかりと相談をせずに工事を行ってしまうと、後になってから「何で勝手に壊したんだ」というクレームから訴訟に発展することも考えられます。工事にあたっては、工事内容への同意と支払いに関する同意を明記した念書に全員でサインを交わした上で、工事を進めていくことがトラブルを避けるポイントです。

滅失登記は問題ない

一方、滅失登記については、共同所有者のうち1名が申請人となれば、問題なく手続きを進めることができます。法務局や土地家屋調査士に相談の上、手続きを進めていただくと良いでしょう。

長期の話し合いも覚悟すること

所有権が複数に分かれる場合には、お互いの利害がぶつかる可能性もあるため、話し合いが長期に渡ることも珍しくありません。工事スケジュールにはゆとりを持って、話し合いに望んでいただくのが良いと思われます。話し合いに見積りが必要であれば、事前に解体業者に作成を依頼しておくと良いでしょう。その際、業者にも「親族との話し合いのために概算金額を教えて欲しい」と伝えていただくと、見積りの流れがスムーズです。

様々な状況での解体実績のある信頼性の高い解体業者のご紹介はコチラ

解体見積一括サービス

同義語:分担,分配,家屋,取り壊し,解体,撤去,問題,用心,配慮,考慮,ポイント

こちらの記事は役に立ちましたか?

12345 (5 投票, 平均点: 4.00)
Loading...Loading...

解体工事で成功するためのポイント
"費用の相場をしっかりと理解しよう!"

解体工事を成功させるためには、相場をしっかりと調べた上で解体業者に見積り依頼し、値段交渉を進めていくことが大切です。まずはご自身の建物の相場を見てみましょう!

Q&Aのトップに戻る

ページの先頭へ戻る