解体工事の匠ポータル

解体工事Q&A

美容室・理容室の解体は誰に依頼するべきですか?

美容室・理容室チェーンを経営しています。この度、一店舗だけ退店することになったので取り壊しをするのですが、どのような業者に依頼をすればよいのでしょうか。店舗用に作られている建物なので、一般的な住宅の解体とは少し勝手が違う部分もあると思います。専用器具などもどのように処分したらいいのでしょうか。

通常の解体業者で構いません。ただし、建物解体の得意な業者と内装解体の得意な業者がありますので、依頼時に相談すると良いでしょう。また、機器については事前に買い取ってもらうと良いと思います。

通常の解体業者で構わない

美容室等の解体工事であれば、通常の解体業者が引き受けることができる工事です。住宅の解体であっても店舗の解体であっても、基本的にかかわってくる法律や作業手順は変わりません。よって、一般の解体業者に依頼をすれば良いでしょう。

業者によって建物解体・内装解体の得手不得手がある

今回の解体が、建物そのものの解体なのか、建物内装部分のみの解体なのかを踏まえながら、業者の得意分野を意識することをお勧めします。解体業者には、建物解体が得意な業者と内装解体の得意な業者がいます。得意分野の合致する業者に依頼した方が、良い条件が出る可能性が高いので、見積り依頼時に「御社は内装と建物のどちらが得意ですか」と聞いていただいても良いかもしれません。一般的には、規模の大きい業者ほど大規模な工事が得意な傾向が見られます

機器については事前に買い取りを相談

なお、営業時に使われた機器(シャンプー台、椅子、店頭サイン、ヘッドスパ、パーマ器、ローラーボール)については、事前に買い取り業者に相談することをお勧めします。元々高価な設備ですので買い取ってもらえれば、多少なりとも解体費用の捻出につながるでしょう。

様々な工事実績があり確かな技術を持つ解体業者のご紹介サービスはコチラ

解体見積一括サービス

同義語:ヘアサロン,理髪店,床屋,美容院,取り壊し,撤去,工事,発注,注文,業者,会社,一般的,通常,

こちらの記事は役に立ちましたか?

12345 (まだ評価されていません)
Loading...Loading...

解体工事で成功するためのポイント
"費用の相場をしっかりと理解しよう!"

解体工事を成功させるためには、相場をしっかりと調べた上で解体業者に見積り依頼し、値段交渉を進めていくことが大切です。まずはご自身の建物の相場を見てみましょう!

Q&Aのトップに戻る

ページの先頭へ戻る