解体工事の匠ポータル

解体工事Q&A

滅失登記の時期、方法、費用を教えてください。

解体工事後をして建物がなくなったら、滅失登記の届け出が必要だと聞きました。滅失登記とは、どのような方法でいつまでに申請しなければいけないのでしょうか。また、費用としてはどのくらいかかるものなのでしょうか。誰かに委託することも可能ですか?

解体工事着工後、速やかに土地家屋調査士に相談をして下さい。その際の費用は4〜5万円です。なお、ご自身で行うことも可能です。

時期は

滅失登記は建物の解体後、1カ月以内に行わなければならないことが法律により定められています。1カ月以上放置しておくと不動産登記法第164条に違反し罰則の発生になり、その場合10万円以下の過料となります。これは刑罰ではありませんが、金銭的なペナルティを当事者に与えることになります。登記に関する資格は、司法書士と土地家屋調査士の2つが該当しますが、建物が存在するか、しないかという不動産の表示に関しては、土地家屋調査士の専権事項となりますので滅失登記は土地家屋調査士が担当します。

次に土地家屋調査士に依頼する場合ですが、通常1〜2週間程度の準備期間を要しますので、解体後速やかに手続きを進めることが大切です。ご自身で滅失登記を行う場合は慣れない作業となりますので、すぐに法務局に足を運ぶなどして必要な書類は何かを確認しましょう。

方法は

土地家屋調査士に相談をする場合には、タウンページの閲覧やインターネットで検索するなどして、候補となる土地家屋調査士を探します。その後電話で、「建物を壊したので滅失登記を行いたい。具体的にはどのような相談をすればよいか」と確認していただくといいでしょう。自身で滅失登記をする場合は、書類の作成が必要になります。※ちなみに弊社が運営する、解体工事一括見積サービスhttp://kaitai-takumi.com/estimation/)」をご利用いただいたお客さまには、無料で解体工事マニュアルをさし上げています。

大まかな流れは次の4ステップになります。

  1. 法務局において登記簿謄本を取得し、登記内容を確認する。
  2. 建物の滅失登記の申請書を法務局にて入手し記載する。
  3. 取り壊し証明書と解体業者の印鑑証明、解体業者の登記簿謄本を解体業者から受け取る。
  4. 1〜3の書類を法務局に提出する。
  5. 法務局の混み具合によりますが、書類提出後1週間程度で登記完了証が発行される。

費用は

土地家屋調査士に相談する場合、4〜5万円の手数料が一般的です。自身で行う場合には登記簿謄本の取得費用(1通1000円)程度ですみます。

【補足】固定資産税について

建物が滅失登記された後には、固定資産税の課税台帳から建物が抹消されます。翌年(1月1日現在が判断基準)からは建物の固定資産税は発生しなくなります。万が一請求が続くようなら市役所に確認していただくといいでしょう。

工事以外のことも安心して任せられる優良解体業者をお探しの方はコチラ

解体見積一括サービス

同義語:建物滅失登記,土地家屋調査士法人,調査士法人,とちかおくちょうさし,土地家屋調査士会,

こちらの記事は役に立ちましたか?

12345 (5 投票, 平均点: 4.80)
Loading...Loading...

解体工事で成功するためのポイント
"費用の相場をしっかりと理解しよう!"

解体工事を成功させるためには、相場をしっかりと調べた上で解体業者に見積り依頼し、値段交渉を進めていくことが大切です。まずはご自身の建物の相場を見てみましょう!

Q&Aのトップに戻る

ページの先頭へ戻る