解体工事の匠ポータル

解体工事Q&A

引越時に荷物を預かってくれる場所はありますか?

家の建て替えをする予定です。解体工事開始から新築住宅の完成まで仮住まいで暮らしますが、仮住まいの面積の関係で書籍や趣味の道具など持っていけない物が多く、それら荷物の預かりをしてくれる場所を探しています。どこに問い合わせればいいでしょうか。

引越業者、トランクルーム、コンテナルーム、部屋を借りるなどの方法が挙げられます。メリット、デメリットを比較の上、選択しましょう。

引越業者

引越業者の中には荷物の一時預かりサービスを行っているところもあります。保管期間に応じて保管料が必要です。

メリット

引越時の梱包のまま、引越会社のトランクルームに預かってもらえるため、セキュリティにも配慮があると考えられます。搬出は有料になりますが、そのまま新居に持ってきてもらえれば最も手間の少ない方法といえます。

デメリット

保管期間中は荷物を出すことができないため、仮住まい中に使うものがあれば不向きです。

トランクルーム

屋内型のトランクルームです。1畳単位でサイズが存在します。都心部ほど普及しているといえます。

メリット

仮住まい期間中でも、気軽に出し入れできるのが大きなメリットです。また、セキュリティ面の配慮をしていることが多い上に、比較的保管環境も良好です。

デメリット

コンテナルームに比べると費用面で多少割高です。気軽に出し入れが出来るとはいえ、仮住まいから遠い場合には移動時間がかかります。

コンテナルーム

海上運送用のコンテナを利用したコンテナルームです。都心部だけではなく郊外にも多数存在します。

メリット

割安に大きなスペースを確保できるのが一番のメリットです。費用面では一番コストパフォーマンスがよいといえます。

デメリット

コンテナが屋外に置かれているだけなので、気温や湿度の変化を最も受けやすいといえます。また、セキュリティ面でも他に比べると劣るため、高価なものの保管には向きません。

部屋を借りる

仮住まいのアパートやマンションに一室余分に借りるという方法です。

メリット

温度、湿度、セキュリティといった様々な面で安心できる手段です。同じ建物であれば物の出し入れも非常に容易です。

デメリット

最もコストの掛かる方法です。資金的にゆとりがある場合のみにお勧めします。

解体工事以外の業務も丁寧に行う業者から見積りが欲しい方はコチラ

解体見積一括サービス

同義語:任せる,保管,一時的,方法,サービス,会社,手段,撤去,取り壊し,依頼

こちらの記事は役に立ちましたか?

12345 (まだ評価されていません)
Loading...Loading...

解体工事で成功するためのポイント
"費用の相場をしっかりと理解しよう!"

解体工事を成功させるためには、相場をしっかりと調べた上で解体業者に見積り依頼し、値段交渉を進めていくことが大切です。まずはご自身の建物の相場を見てみましょう!

Q&Aのトップに戻る

ページの先頭へ戻る