解体工事の匠ポータル

解体工事用語集

用語名滅失

物の物理的存在がなくなることで、解体では家屋が解体されなくなることを指す。建物や家屋を解体した場合、建物の所在地域を管轄する法務局で1ヶ月以内に滅失登記を行わなければならない。滅失登記の申請は義務となっており、申請を行わない場合、10万円以下の過料に処すという決まりもあるので注意が必要である。滅失登記は基本的に解体業者が行うことはないので、以下のどちらかの選択をしなければならない。

  1. 土地家屋調査士に依頼する。(3~4万円程度)
  2. 自分で行なう。

滅失登記は自分でも出来る簡易的な登記と言われており、法務局に3回程足を運べば済み、必要書類の申請なども含め1500円程度で可能だが、匠サービスにお申込みの場合、滅失登記の申請をサポートする「滅失登記 皆伝の証」を差し上げているので、それを参考に自分で手配すれば、4万円程度の経費削減になる。申請をすると、法務局から市町村役場へ通知が行き、特に手続きの必要なく課税台帳から外れる。各法務局には登記相談窓口がありますので、分からない場合には窓口で聞いてみましょう。

同義語

消滅

滅失に関連するその他の用語

用語集のトップへ戻る

ページの先頭へ戻る