解体工事の匠ポータル

解体工事用語集

用語名産業廃棄物処理業者

産業廃棄物を収集運搬、中間処理、最終処理する業者のこと。産業廃棄物処理業者を名乗るには、産業廃棄物処理業許可が必要である。家の解体によって出た大量の木くず・金属くずなどの廃棄物はある程度分別して収集運搬業者によって中間処理施設まで運ばれる。中間処理場で分別された廃棄物は、最終処分を行うための脱水や焼却、廃酸・廃アルカリなど有害な物質の中和の処理がされ、その後、再び収集運搬業者によって最終処分場に運ばれる。最終処分とは埋め立てのことで、地下水や土壌に有害な物質が染み出さないように管理され埋め立て処分される。このように、解体工事の廃棄物は最終処分までいくつかの業者の手を経ることになるが、どのような業者が関わるかはマニフェスト伝票で確認することが出来る。解体を行う業者の中には建物の解体と収集運搬までを行う業者、解体と収集運搬の他中間処理施設を所有している業者など様々な形態が存在し、もちろんそれぞれの処理には経費が掛かってくるので、廃棄物処理まで行っている業者に依頼した場合は解体費用が安く抑えられる場合もある。

同義語

一般廃棄物処理業者

産業廃棄物処理業者に関連するその他の用語

用語集のトップへ戻る

ページの先頭へ戻る