解体工事の匠ポータル

解体工事用語集

用語名飛散性アスベスト(レベル1・レベル2)

建材に多く使われている有害な物質「アスベスト」の取り扱いを飛散のしやすさによって3つのレベルに分類したもの。アスベストは安価なため建材として大量に使われていたが、肺がんや中皮腫を引き起こす有害な物質で、2004年に製造・輸入が禁止されるまで学校や病院などの公共施設だけでなく、民間の建物にも多く使用され、今も現存している。吹付け材として使用されているものは解体の際に繊維が飛び散りやすく、レベル1として最も配慮した取り扱いが義務付けられている。保温材や断熱材として配管などをほどする目的で巻いてあるものは、レベル2に分類される。非常に軽く密度が低いため崩れるとかなり飛散する上、アスベルト含有量も高いので相当危険だが、壁や天井一面に吹きつけられている場合と違い、配管ごと取り外して処分することが可能なため、レベル1とは違う扱いになっている。解体工事の前にはアスベストが含まれているか必ず調査し、記録に残すことが義務付けられている。また、アスベスト使用が認められた場合は役所に届け出をした上で適切な処理をしなくてはならない。スレート瓦のアスベストは、解体する際や劣化した際空気中に放出される。解体の際には作業員が吸い込まないような対策・飛散を防止する対策が必要で、解体工賃の他、別途調査費用や処分費用が必要になる。


同義語

非飛散性アスベスト廃棄物

飛散性アスベスト(レベル1・レベル2)に関連するその他の用語

用語集のトップへ戻る

ページの先頭へ戻る