解体工事の匠ポータル

解体工事用語集

用語名一般廃棄物

1970年に定められてた廃棄物処理法の対象となる廃棄物のうち、産業活動によって排出される産業廃棄物以外のもので、家庭から出るごみと事業者から出る廃棄物以外のごみのこと。産業廃棄物は事業活動によって排出されたゴミの内、廃棄物処理法で定められたもののことを指すので、事業者から出たゴミであっても、法律で定められたもの以外は一般廃棄物となる。例えば、解体工事で出た木くずや金属くずは産業廃棄物になるが、自分で家を解体した場合の木くず・金属くずは一般廃棄物とみなされる。また、解体業者がオフィスで使ったコピー用紙なども同じく一般廃棄物とみなされる。一般廃棄物の収集運搬と処理は市町村に処理責任があり、市町村が自ら行うことが原則となっている。

同義語

事業系一般廃棄物

一般廃棄物に関連するその他の用語

用語集のトップへ戻る

ページの先頭へ戻る