解体工事の匠ポータル

解体工事用語集

用語名住宅(家屋)の取壊し

一般木造住宅の解体は地域によって格差はあるが、大体坪単価万円程度で行われる。解体現場の立地や残地物の状況、アスベストの使用などによって価格は大きく変わってくるため、見積もりの際は必ず現地調査、工事前に立会いをしておくことが大切である。ほとんどの場合、工事にかかる期間は10日前後です。業者と契約書を交わす時は、必ず書面で見積もり書を確認した後にする。工事範囲の認識違いや、残置物・地中埋蔵物の処理で追加費用が発生しないよう、口頭ではなく書面に残しておくことが必要である。また、工事の前には必ず近隣挨拶をし、トラブルのないようにする。工事は、まず、天井の石膏ボードを壊したり窓を外したり、建物内部の分別等を行う。その後、足場を組立て養生シートで現場を覆い、重機を搬入する。重機での解体は大量の粉塵が発生するため、多くの場合はホースで水を撒きながら行う。そして、解体によって出た廃棄物は随時トラックに詰め込み、工事中処理場まで何往復もして運び出す。ひと通り解体が終わってから、敷地内の樹木の伐採や地中のガラ、ゴミの撤去作業が行われる。地面を整える整地をした後、丁寧な業者ならば工事前よりもきれいな状態で引き渡すためしっかりと掃除をしてくれる。工事に際しては様々な書類の堤出が義務付けられており、工事を依頼する際には、そういった申請書類の手配・トラブルがあった時の対応・廃棄物の処理までをしっかりやってくれるかどうか、見極める必要がある。

同義語

解体

住宅(家屋)の取壊しに関連するその他の用語

用語集のトップへ戻る

ページの先頭へ戻る