解体工事の匠ポータル

解体工事用語集

用語名解体工事

家屋、建物を取り壊す工事のこと。基礎を含む建物の解体以外にも、家周りのブロック塀だけの撤去、リフォームに伴う内装解体など、様々な種類の工事がある。住宅街では家屋の周りを足場防音シートで仮囲いし、その後、屋根瓦の撤去、窓や建具の撤去、建物本体の取り壊しというように作業が行われる。解体後、収集運搬→中間処理→収集運搬→最終処分という流れになっており、実は壊してからもその処理は長く続いていく。一般的には建物を支える基礎の部分の撤去、解体後の大きなゴミ(ガラ)を取り除き綺麗に整える整地までが見積もりに含まれている。また、解体で出る廃棄物と一緒に、建物に残っている不要品・残置物も引き取ってもらえるのが一般的である。一般的には重機を使い取り壊しますが、道路の幅が狭く工事車両が通れない場合は、手作業での解体を行うが、手作業での工事の場合は費用は高くなり、解体費用は建物の構造・道路幅・隣の家との関係、残置物の量によっても大きく変わってくる。

同義語

解体

解体工事に関連するその他の用語

用語集のトップへ戻る

ページの先頭へ戻る