解体工事の匠ポータル

解体工事用語集

用語名土地謄本

土地謄本とは、不動産登記の一つである建物登記を謄写(複写)し、書面の形で役所に発行してもらった文書のことである。不動産登記とは、法務局の職員(登記官)が、不動産の面積や所在、所有者の住所氏名を登記簿に登記することを言う。登記事項証明書と呼ばれることもある。また、登記簿は不動産の権利関係などの状況が誰にでもわかるよう一般公開されている。また、土地謄本を取るには、土地謄本が欲しい不動産の所在地を管轄する法務局(登記所)で取得できる。

同義語

登記簿謄本

土地謄本に関連するその他の用語

用語集のトップへ戻る

ページの先頭へ戻る