解体工事の匠ポータル

解体工事用語集

用語名ビルの取壊し

国内建設投資がピーク時の1992年度に比べ半減する一方で、ビルの解体は数少ない成長市場である。ビルの取り壊しといっても、ゼネコンによりビルの解体手法は異なる。スーパーゼネコン5社でも手法は様々で、だるま落としのように下から解体する竹中工務店の「竹中ハットダウン工法」、屋内で作業をし騒音や粉じんの飛散を極力防ぐ大成建設の「テコレップシステム」、躯体をブロックごとに切断した後タワークレーンで建物の外部から地上に下ろす大林組の「QBカットオフ工法」、建設工事の手順を逆に踏むように解体する「清水建設の「シミズ・リバース・コンストラクション工法」、地上付近の柱を切断しジャッキを使って徐々に建物を降下させる鹿島建設の「鹿島カットアンドダウン工法」とそれぞれ異なる。

同義語

ビルの解体

ビルの取壊しに関連するその他の用語

用語集のトップへ戻る

ページの先頭へ戻る