解体工事の匠ポータル

解体工事用語集

用語名古民家再生

建造から時が経った民家を現在のライフスタイルなどに合わせ改築・補修すること。古民家とは、主に戦前に建造された、釘などを使わない伝統的日本建築で建てられた建物のこと。地域や目的によって様々な建築様式があるが、いわゆる「適材適所」が採用され、腐りやすい部分にはケヤキ・クリ・ヒノキ、梁には強度の高いマツ、内装には木目の美しいスギなどの素材が使い分けられている。本来は200~300年は使い続けられるように作られた建物も、経年劣化やライフスタイルの変化により住みづらくなってしまう。そのような状態の民家を再び住居として、また店舗として利用しようと言う流れが生まれている。
工事としては下記のようなものが挙げられる。

  • 雨漏りなどの修繕
  • 外壁の取り替え
  • 住宅設備の取り替え・修繕(キッチン・浴槽など)
  • 床面積を増やす、または間取りを変える増築・改築
  • 耐震性の強化

工事は工務店やリフォーム業者が請け負い、築年数や内容によっては自治体から補助金が支給される場合もあります。また、一般的にリフォームは高額な工事になることも多いため、悪徳リフォームや詐欺のターゲットになりやすいと言われている。工事の際には、信頼できる業者を選定する必要がある。

同義語

日本民家再生

古民家再生に関連するその他の用語

用語集のトップへ戻る

ページの先頭へ戻る