解体工事の匠ポータル

解体工事用語集

用語名在来工法(木造軸組工法)

柱・梁・筋かいなど木の軸を組み合わせて建物を支え、その周囲に壁を作る工法で、日本古来の伝統構法に近代の構造力学的な観点を取り入れたもの。間取りの自由度が高く増改築も用意な為、日本の木造住宅では主流となっている。木造住宅でも比較的古い建物は、在来工法で作られていることがほとんどで、比較的新しい工法であるツーバイフォー工法が壁や床などの面で建物を支えるのに対し、木造軸組み工法は枠組みの線で建物を支えている。在来工法では、木の軸をつなぎとめる金物も重要な要素となっているが、取付箇所や金物の種類も多いため、抜けていたり、間違っていたりすると欠陥住宅となってしまう。近年では、法整備も進み施工不備は大分減ったようだが、施工者の腕により完成度が左右される面もある。解体工事はとてもしやすく、木造建築で比較的新しい工法であるツーバイフォー工法よりも費用は安価に抑えられる。廃棄物はリサイクルしやすく、木材は主にウッドチップなどに、金物は精錬され再利用されるため、解体に関しては地球に優しい工法と言える。

 

同義語

木造軸組構法

在来工法(木造軸組工法)に関連するその他の用語

用語集のトップへ戻る

ページの先頭へ戻る