解体工事の匠ポータル

解体工事用語集

用語名近隣挨拶

解体工事は騒音・振動・ホコリなど近隣の方には様々な迷惑をかけることになるため、工事の前には必ず近隣へ挨拶回りをする。挨拶回りの際は、普段から繋がりのある施主と実際に工事を行う業者、双方が伺うことで話が通りやすいという理由から解体業者と施主が一緒に行き、どちらも当事者なので一緒に頭を下げておく方が印象が良い。一般的には施主が菓子折りや石鹸、タオルなどの粗品を用意し、できれば解体業者には工期や連絡先などを書いたリーフを作ってもらうと対応が早いが、少なくとも現場監督の名刺などはお渡ししておいた方がよいだろう。挨拶に伺う範囲としては、両隣・向い・裏の家は最低限で、工事車両の影響で道が通りにくくなる場合など、更に迷惑をおかけすることになる範囲には挨拶しておくべきである。業者の中には見積書に近隣挨拶が含まれているところもあるが、見積書に含まれていなくても当たり前のこととしてやってくれる業者もいる。その反面、業者の中には挨拶や対応がしっかり出来ないところが存在するのが事実なので、どのような対応をしてくれるのか事前に確認しておくとよい。


同義語

挨拶回り

近隣挨拶に関連するその他の用語

用語集のトップへ戻る

ページの先頭へ戻る