解体工事の匠ポータル

解体工事用語集

用語名ライフライン

都市生活の維持に必要不可欠な、電気・ガス・水道・通信・輸送などのこと。解体工事の前には、水道以外の各ライフラインを止める手続きを行なう。電気・ガス・電話については遅くとも工事の一週間前には連絡するようにする。「○○日に解体工事を行うので電気を止めたいのですが…」と連絡すれば、「それでは、電気を止めるのはその前日で宜しいでしょうか?」と受け答えしてもらえる。しかし、ケーブルテレビの手続き、アンテナの取り外しは基本的に有料になることが多い。また、セコムやアルソックなどのセキュリティサービスも止め忘れてしまった場合、工事中に警報がなってしまうので、これらの手続きも忘れずに行ってください。
解体工事の際には、家の中を空にしてから作業に取り掛かるため、解体業者に引き取ってもらう予定のもの以外は全て搬出する。家電に関しては「家電リサイクル法」という法律により解体業者で処分をすることはできない。特に、エアコンは忘れがちなので、事前に電気屋さんに取り外しに来てもらう。

逆に、止めてはいけないのは水道である。通常解体工事の際には、砂埃を抑えるために散水をするため、水を止めてしまうと、解体工事に取り掛かれなくなってしまうので、注意が必要である。

同義語

生活線,生命線,生活インフラ

ライフラインに関連するその他の用語

用語集のトップへ戻る

ページの先頭へ戻る