解体工事の匠ポータル

解体工事用語集

用語名プレハブ

あらかじめ部材を工場で生産・加工し、建築現場で加工を行わず組み立てる建築工法。使用する建材や、設置に要する時間的なロスを徹底的に軽減できることが長所である反面、規格化され融通が利かない構造や、耐久性の低さが短所。規模の小さいものは、仮設小屋と呼ばれる。近年では木質パネルの面で躯体を構成する木質系プレハブ、軽量鉄骨を用いて構成する鉄骨系プレハブ、建物を箱型のユニットに分類して組み立てるユニット系プレハブ、鉄筋入りのプレキャストコンクリートパネルを接合しながら組み立てるコンクリート系プレハブがある。

同義語

プレファブ,プレファブリケーション

プレハブに関連するその他の用語

用語集のトップへ戻る

ページの先頭へ戻る