解体工事の匠ポータル

解体工事用語集

用語名発破解体工法

大型の構造物(高層ビル・橋など)のいくつかの部位をダイナマイト等爆薬を用い発破して、全体を倒壊させる爆破解体(発破解体)工法。重機が不必要で短時間に行うことができ、経済性・安全性において優れている。倒壊した構造物の解体を、地上で大型重機を用いることにより効率よく行える。解体の際に部材が遠方に飛散し周囲の建物に被害を与える可能性や、不安定な状態で残存する可能性がある。爆破解体は日本では建物の密集度が高いため、建築物への施工例は少ない。

同義語

爆破解体

発破解体工法に関連するその他の用語

用語集のトップへ戻る

ページの先頭へ戻る