解体工事の匠ポータル

解体工事用語集

用語名3R

3Rはゴミを減らすための3つの取り組みで、Reduce(リデュース)、Reuse(リユース)、Recycle(リサイクル)の3つの英語の頭文字を表している。これらの意味は、Reduceは発生抑制、Reuseは再使用、Recycleは再生利用。3R活動とは、この3つのRに取り組むことでごみを減らし、そのことでごみの焼却や埋立処分による環境への悪い影響を極力減らすことと、限りある地球の資源を有効に繰り返し使う循環型社会をつくろうとするものである。

解体工事においても3Rの取り組みが推進されている。

  • Reuse(リユース):建物内の不用品を事前にリサイクルショップに持ち込んで引き取ってもらったり、柱や梁といった古財を破損することなく取り外し、リフォームの際に再利用するという取り組みがされている。
  • Recycle(リサイクル):解体現場で発生した廃棄物を品目ごとに分別し、それぞれの中間処分場に運び込む取り組みがされている。木材であればウッドチップ、コンクリートガラであれば埋め立て材として再利用される。

 なお、Reduce(リデュース)についてはまだ積極的な取り組みはされていない。住宅を建築する時から廃棄物の軽減を意識した建築計画を行なうことが今後の課題だと言える。

同義語

スリーアール,

3Rに関連するその他の用語

用語集のトップへ戻る

ページの先頭へ戻る