解体工事の匠ポータル

解体工事用語集

用語名シャットアウト型不法投棄抑制

ネットフェンスなど物理的な防御手段により不法投棄を抑制する方法。効果は大きいが、景観を損ねるデメリットがある。その他の対策としてはICチップやGPSシステムの利用によって廃棄物袖手運搬車両の位置をリアルタイムで把握することにより不法投棄の抑制をする方法(追跡型)や、行政の不法投棄監視パトロールや監視カメラの設置によって抑制する方法(監視型)があり、山間部などの人の目が届きにくい場所であってもカバーすることが可能である。以上のメリットやデメリットを踏まえると、どうしても不法投棄されたくない場所についてはシャットアウト型の抑止策を行ない、それ以外の場所については他の方法が主流になっていくことが考えられる。

同義語

ネットフェンス

シャットアウト型不法投棄抑制に関連するその他の用語

用語集のトップへ戻る

ページの先頭へ戻る