解体工事の匠ポータル

解体工事用語集

用語名産業廃棄物処理の流れ

適正処理や再資源化のために排出された廃棄物は分別や保管をされた後、収集され処分する場所に運搬される。そして、中間処理で大きなものは小さく、有害なものは焼却・破砕・脱水・中和等で無害化され、廃棄物を環境を損なわないように埋立処分や海洋投入処分といった最終処分で自然に戻される。最終処分場に関しては、環境保全の点から汚水の外部流出、地下水汚染、廃棄物の飛散・流出を防止するため細かな処理基準が定めれている。また、今後は棄物の無用な拡散や流出を避けるため、陸上や水面の限られた場所を区切ってつくられた施設で貯留し、年月をかけて自然に戻そうとする埋立処分に依存していくことになる。

同義語

産業廃棄物処理の流れに関連するその他の用語

用語集のトップへ戻る

ページの先頭へ戻る