解体工事の匠ポータル

解体工事用語集

用語名居抜き工事

居抜きとは、前のテナントの内装や造作・設備などがそのまま残されている物件だ。テナント用物件ではスケルトン(内装していない状態)で借り、退去の際もスケルトンに戻し、貸主様にお返しする契約内容が一般的でした。解体時の無駄を省き、造作や設備などは無償で引き渡し、オーナーの了承を得て、次の借り手を探すのが居抜き物件である。居抜きの場合は、既存の設備や内部造作が使えるので、内装工事代金が抑えられ工期を短縮できるメリットがある。

同義語

家具付き工事

居抜き工事に関連するその他の用語

用語集のトップへ戻る

ページの先頭へ戻る