解体工事の匠ポータル

解体工事用語集

用語名手付け金

手付金は売買契約時に支払い、契約成立を示す証拠金といった意味合いを持ち、保全措置が取られるのが基本。最終的には売買代金に充当される。買主が契約を破棄する場合は放棄、売主が契約を破棄すれば「倍返し」になる。契約後に不動産会社が倒産したなどの事故に備え、手付金が売買代金の10%超(未完成物件は5%超)、または1000万円超の場合は、銀行、保証会社などが保全措置を行い、全額返還される。契約不履行の際なんらかの賠償を求める「証約手付」、「違約手付」と、いつでも契約を破棄できる「解約手付」の3種類がある。

同義語

頭金,内金

手付け金に関連するその他の用語

用語集のトップへ戻る

ページの先頭へ戻る