解体工事の匠ポータル

解体工事用語集

用語名土地家屋調査士

台帳業務の適正を図る事、登記手続の円滑化、ならびに不動産による国民の権利を明確にする目的で昭和25年に制定された土地家屋調査士法に基づき、不動産登記法や民法に関する事項や戸籍法、民事訴訟法など広範な法的知識を用いて土地の正しい「筆界」の探索、登記簿への反映、法務局の行う「筆界特定制度」への貢献(多数の筆界調査委員・測量実施員の輩出)、最近では裁判外紛争解決手続き等の業務を行なう国家資格のこと。

同義語

土地家屋調査士法

土地家屋調査士に関連するその他の用語

用語集のトップへ戻る

ページの先頭へ戻る