解体工事の匠ポータル

解体工事用語集

用語名発がん性

発がん性とは、正常な細胞をがん細胞をに変える性質のこと。細胞をがん化させる遺伝子情報が潜在的にあり、これが何らかの刺激を受けることにより誘発され、がんを引き起こす。がんを誘発する発がん性物質は、化学物質あるいは化学物質の混合物に含まれており、他には刺激を与えるものとして、放射線、ウイルスなどがあげられる。発がん性物質の影響はその場ですぐに目に見えない場合も多く、長年経過してから影響が現れたり、子供に影響がでる場合もある。放射線やウイルス感染が発 癌に関与することが明らかとなっている。

同義語

発癌性

発がん性に関連するその他の用語

用語集のトップへ戻る

ページの先頭へ戻る