解体工事の匠ポータル

解体工事用語集

用語名保留地

保留地とは、土地区画整理事業において、資金を生み出すために売却する土地のことである。そのため、事業が全て終わるまで法務局に土地の登録はない。しかし、土地が登記される前に建物を建築したり、建物の登記をすることも可能である。なお、個人執行または組合執行の場合、事業費の確保以外でも、財団法人の寄付などを目的としている場合は保留地を定めることができる。また、保留地には正形地が多が多い。

同義語

保留床

保留地に関連するその他の用語

用語集のトップへ戻る

ページの先頭へ戻る