解体工事の匠ポータル

解体工事用語集

用語名減歩

減歩とは、新たに土地を開発するにあたって、整理する前の宅地の面積が本来の宅地の面積に比べ減少することをいう。土地区画整理事業が整備する公共施設のための土地や、事業費に割り当てるための保留地を確保するためになされるもの。道路や公共用地のための減歩を公共減歩、保留地のための減歩を保留地減という。区画整理事業により本来より面積が増えることを「マイナス減歩」ということもある。

同義語

減歩地積

減歩に関連するその他の用語

用語集のトップへ戻る

ページの先頭へ戻る