解体工事の匠ポータル

解体工事用語集

用語名NET金額

解体工事のお見積書に「NET金額」などと書かれていることがある。「NET金額」には様々な解釈があり、厳密な定義はないとも言えるが、考えられる意味は大きく下記の3つである。

  • 値引き分などを差し引いた最終価格
  • 手数料マージンなどが加算されていない価格(工事原価)
  • 「ここまでは値引き出来ます」と言う割引の最低価格

どれも近い意味合いだが、業界によっても使われ方に多少の違いがある。

また、「ネット」の対として使われるのが「グロス」という言葉で、これは値引き前の価格・手数料マージン込の価格という意味である。どちらも通常は業者間の見積書のやりとりの際に使われる用語で、一般の依頼者への見積もりにはあまり使われていないが、下請け工事を主としている業者の場合、そのような表記がされる。

なお、解体工事の場合、施主に対し、最初に出される金額は値引き前であることが多い。中には最初から値引き後のNET金額を提出する業者も存在するが、見積もりを手にした際には「ちなみに、あとどれぐらいの値引きが可能ですか?」というように値段交渉すると良い。

同義語

最終金額,NET価格

NET金額に関連するその他の用語

用語集のトップへ戻る

ページの先頭へ戻る