解体工事の匠ポータル

解体工事用語集

用語名混合廃棄物

建築・解体現場から排出される産業廃棄物のうち、ガラス・瓦礫・コンクリートガラ・木くず・紙くず・金属くず・廃油など様々な素材が交じり合った廃棄物のこと。建設リサイクル法施工以前は、廃棄物を分別せず一気に解体する「ミンチ解体」が主流で、廃棄物のほとんどは混合廃棄物であった。混合廃棄物は分別が難しいため、リサイクルされるのは約20%程度で、大部分は埋め立て処分されていたが、建築リサイクル推進計画に基づき排出量の削減目標が掲げられたことで、混合廃棄物の排出を抑えるための「分別解体」が義務付けられている。混合廃棄物の処分については、混合している全ての廃棄物の処理許可を持っている廃棄物処理業者に、処分を委託しなくてはならない。マニフェストは品目ごとではなく、混合廃棄物ひとつに対して一部交付すれば良いことになっているが、混合している品目は何か明記する必要がある。環境・ゴミ問題に配慮するためにも、混合廃棄物を出さないようにする方がよい。

同義語

建設混合廃棄物

混合廃棄物に関連するその他の用語

用語集のトップへ戻る

ページの先頭へ戻る