解体工事の匠ポータル

解体工事用語集

用語名敷地境界線

隣地や道路などと、敷地との境を示す線。境界標や境界杭が打たれていることもあるが、塀や垣根が設置してあるだけで、位置が曖昧になっている場合も多い。境界が分からない場合は隣家とも相談し、土地家屋調査師に依頼して土地境界確定測量・地積更正登記を行った方がよい。また、境界を決めるには、一定エリアの土地の形と面積などを測量、その結果とその土地に関する様々な資料との整合性を見て境界を計算し、隣地の所有者の承諾を得た上で境界標を設置する。境界標はコンクリート杭・金属プレート・金属鋲など種類は様々ですが、解体工事・外構工事などの際に壊してしまうことが多い。土地の売却、または購入を検討している場合、壊してしまわないよう注意が必要である。

 

同義語

土地境界線

敷地境界線に関連するその他の用語

用語集のトップへ戻る

ページの先頭へ戻る