解体工事の匠ポータル

解体工事用語集

用語名スケルトン解体

建物構造体以外の全てを解体し、床・壁・天井・配線・給排水機・吸排気設備などを入居時の状態に戻すこと。店舗やマンションの場合、コンクリート打ちっぱなしの状態にすることが多い。

床や壁、パーテーションや家具、什器、配管等、原状回復の際に撤去する必要があるものは様々だが、トラブルなく工事を終えるためには、どのような状態に戻すのか、オーナーとしっかり打ち合わせをしておくことが大切である。また、壁の中に通っている配管・配線などを傷つけてしまった場合、その補修にコストや時間がかかってしまうため、どのような構造になっているのか予測し、リスクを考慮して工事を進める必要がある。

店舗・オフィスなどの場合、家具や什器などはリサイクルショップなどに引き取ってもらえる可能性もある。設備も含め、解体時に残っているものは業者が処分してくれるが、処分にも費用が掛かるため、出来るだけ事前に撤去しておくと解体費用を抑えられる。原状回復工事とほぼ同じだが、スケルトン解体の場合、内装材(壁・天井ボード)まで撤去することがほとんどで、現状回復工事とスケルトン解体工事は、業者やテナントオーナーにより言葉の解釈が違う場合が多いので、どこまでを撤去すべきかはひとつひとつ確認する必要がある。

同義語

内装解体

スケルトン解体に関連するその他の用語

用語集のトップへ戻る

ページの先頭へ戻る