解体工事の匠ポータル

解体工事用語集

用語名分別解体

2003年の「建築リサイクル法」の施工以降、解体工事の主流となっている、廃棄物を種類ごとに分別しながら工事を進めていく解体方法のこと。一方、分別解体と対する工法が、パケットやつかみ機を取り付けた重機を使い建築物を一気に壊す「ミンチ解体」で、場が要らず工期も短いことから解体費用自体も安く、法律施工前には主流の解体工法であったが、解体で出た廃棄物は木材・金属・ガラスなど様々な資材が混ざっている状態で、リサイクルが出来ず埋め立て処分を行うしかない廃棄物を分別しない解体方法で、アスベストなども混ざってしまう危険があったため、現在は禁止されている。しかし、現在主流となっている「分別解体」では、廃棄物を種類ごとに分別しながら工事を進めるように定められており、特にコンクリート・アスファルト・木くずは現場で分別しなくてはならない。分別を行うことにより、解体工事で出る廃棄物のほとんどはリサイクルが可能になった。見積もりが他の業者に比べあまりにも安い場合、違法なミンチ解体を行っていたり、不法投棄をしている可能性もある。

同義語

分別解体工事

分別解体に関連するその他の用語

用語集のトップへ戻る

ページの先頭へ戻る