解体工事の匠ポータル

解体工事用語集

用語名焼却施設(ごみ焼却場)

廃棄物の質量を減らすために焼却処分をする中間処理施設のこと。広い国土を持つ他の国では、ゴミのほとんどを埋め立てているが、国土が狭い日本では最終処分場として埋め立てする場所が少ないため、一般ごみの約80%は焼却して量を減らすという方法を行なっています。ゴミ焼却場は燃やすと有害な化学物質であるダイオキシンを発生するなどの問題を抱えており、最近はダイオキシンを出す小型の焼却炉は使用禁止となり、大型の焼却炉などが使用されているが、ダイオキシン以外にも有害な煙を出す可能性もあるため、新しく建設する際には地域住民から反対の声があがる場合が多い。また、焼却の際に発生する二酸化炭素が地球温暖化に影響を与えていることについても問題視されている。解体業者の中には自社で焼却施設を持っている業者も存在するので、そのような業者の場合は処分費用が安く抑えられるため、解体費用自体が抑えられるかもしれない。

同義語

中間処理施設

焼却施設(ごみ焼却場)に関連するその他の用語

用語集のトップへ戻る

ページの先頭へ戻る