解体工事の匠ポータル

解体工事用語集

用語名中間処理

廃棄物が最終処分(埋め立て処分)される前に行われる焼却、脱水、乾燥、中和、破砕などの処理のこと。家の解体によって出た大量の木くず・金属くずなどの廃棄物はある程度分別して収集運搬業者によって中間処理施設まで運ばれる。中間処理場ではリサイクル可能かどうか更に細かく分別を行い、リサイクル出来ないものついては最終処分に向けて出来るだけ細かく軽く、無害にするために処理される。日本の廃棄物行政は、焼却と埋立てを中心とした従来の手法から、リサイクルと減容化を目的とする中間処理の重視に向かっており、解体業者の中には自社で中間処理施設を持っている業者も存在している。数は多くはないが、そのような業者の場合、処分費用が安く抑えられるため解体費用自体が抑えられるケースもある。通常、解体で出た廃棄物はいくつかの業者の手に渡り処分されるが、行政による処分許可を持っている業者でなければ、委託出来ず、最終処分までにどのような業者が関わったのかマニフェストにより管理することで不法投棄を防止する役割を担っている。

同義語

分別,減容,無害化,安定化

中間処理に関連するその他の用語

用語集のトップへ戻る

ページの先頭へ戻る