ども!

 

のりさんです。(^^)/

 

前回に引き続き、建設業の魅力について、ちょっとお勉強です。

 

今回は、建設業の会社に入ってからの生涯モデルについてです。

 

またまた、(一社)雄勝建設業協会で作成したリーフレットを使用いた

 

します。m(_ _)m

 

建設業には、大きく分けて下記のような職種があります。

 

 

会社にもよりますが、技術者と技能工を兼務する方や、経験を積んで

 

営業をする方もいます。

 

事務職の方は、主に事務所で様々な手続きや管理を行います。

 

 

あくまでも、標準的な流れですので、個人差はありますが、一般的な

 

生涯モデルになります。

 

以前にも記載しましたが、資格を取得しなければ、重機の操作やそれ

 

ぞれの工種の仕事ができません。

 

また、資格を取得するにも、実務経験年数が○年以上などあるので、

 

早い(若い)時から建設業で経験を積む事が大切になります。

 

 

 

上図のように、将来建設業で仕事をしてみたいと思われる方は、

 

高等学校、短大・専門学校、大学で、土木や建築等の勉強をしてきた

 

方が、何もしてこなかった人より早い段階で受験資格が得られます。

 

 

上図は、リーフレット作成時での情報になりますが、東北地方でも

 

様々な学校があります。

 

次回は、資格について。。。ちょっとお勉強です。

 

へば、また!

 

https://ameblo.jp/onoken-akita/entry-12375170133.html