くらそうね解体ポータル(旧解体工事の匠ポータル)

解体ブログ

ステップ10:工事後の現場確認・近隣挨拶をする

ステップ10:工事後の現場確認・近隣挨拶をする
工事が終わったら、現場にて仕上がり具合の確認と、近隣の挨拶をします。 両方とも非常に大切な作業ですので、注意深く行いましょう。 現場確認時の注意点 現場確認の際の注意点をご紹介します。 ○壊し残しはないか 敷地内で壊し残した箇所はないかを確認します。事前の打ち合わせと比べてどうか、見積書と比べてどうか、という観点で確認してください。 ○コンクリートガラはしっかりと回収されているか 基礎…

続きを読む

ステップ9:着工する

ステップ9:着工する
解体工事が始まったら、後は業者さんにお任せするのみです。 順調に進むことを祈るばかりですが、時にはトラブルが起こってしまうこともあります。 ここでは代表的なトラブルと、その対処法についてご紹介します。 近所から騒音・振動などのクレーム 解体工事に騒音・振動は付き物です。ご近所の方もそれはご理解いただいていると思いますが、余りにも程度がひどい場合に苦情が出る場合もあります。まずは解体業者さ…

続きを読む

ステップ8:近隣挨拶をする

ステップ8:近隣挨拶をする
解体工事の最中、騒音、振動、ホコリなど、近隣の方には様々な迷惑をかけることになります。 「工事のご協力をお願いします。」という気持ちを伝える意味で近隣挨拶はとても重要です。 誰が挨拶回りを行うのか 「工事で迷惑をかけるのは解体業者だから、業者に任せておけば良いよ」 「発注するのは施主だから、施主が行くべきだよ」 というようにいろいろな意見がありそうですが、私たちは施主と解体業者が一緒に行く…

続きを読む

ステップ7:電気・ガス等を止める

ステップ7:電気・ガス等を止める
一軒の住宅には電気・ガスといった様々なライフラインが接続されていますが、解体工事を行う際にはそれらを止めなくてはいけません。 項目が多いと忘れがちなので、考え付くものを一通りピックアップしてみます。 止めるべきライフライン 止めるべきライフラインの一覧です。 ○電気 事前に電力会社に連絡をしておきましょう。「○○日に解体工事を行うので電気を止めたいのですが…」と連絡していただければ、「そ…

続きを読む

ステップ6:建設リサイクル法の届出をする

ステップ6:建設リサイクル法の届出をする
解体業者が決まったら、いよいよ建物の取り壊しに向けての準備に入ります。その1つが建設リサイクル法という法律で義務付けられた、役所への届出です。 「自分の家を壊すだけなのにわざわざ届出が必要なの?」という方もいらっしゃると思いますが、増え続けるごみの問題を取り仕切るために、平成12年から届出の義務が生まれました。 請負契約書 建設リサイクル法で届け出る内容は、 ○工事場所 ○施主名 ○工…

続きを読む

ステップ5:解体工事業者と契約をする

ステップ5:解体工事業者と契約をする
しっかりとした解体工事業者であるという裏づけが取れたら、いよいよ契約の手続きです。 担当者に契約の意思を伝える前には、【候補の解体業者が絞れてきたら…契約前のテクニック】も参考にして、より良い条件を提示してもらうように試みても良いでしょう。 その後、「御社にお任せしたいです。」と契約の意思を伝えてください。 請負契約書 しっかりとした業者であれば、解体工事の請負契約書を用意してくれるは…

続きを読む

ステップ4:解体工事業者の違反経歴などを確認する

ステップ4:解体工事業者の違反経歴などを確認する
見積書が揃うと、値段の優劣が見えてきますね。良心的な価格の業者が見つかったら、「いよいよ契約!」と行きたいところですが、その前に必ず確認すべきことがあります。 それは、 『無許可の解体工事業者ではないか?』 『過去に違反を重ねている解体工事業者ではないか?』 という2点です。 「親切そうな担当者だったし、まさか悪徳業者のはずがない。」 「ホームページを見たけれど、すごくしっかりしてそうな解…

続きを読む

ステップ3:解体工事見積書を受け取る

ステップ3:解体工事見積書を受け取る
解体現場での立会いが終わると、解体業者はその情報を元に解体工事見積書を作成します。 業者によってスピードは異なると思いますが、平均すると1週間程度で見積りが手元に届きます。郵送、FAX、E-mailなど方法は様々ですが、中には持参してくれる担当者もいますが、時間があるのであれば直接説明をしてもらった方が分かりやすいですね。 見積書はしっかりとチェックすること 見積書で一番目に付くのは総…

続きを読む

ステップ2:解体工事の現場立会いを行う

ステップ2:解体工事の現場立会いを行う
解体業者に声をかけたら、担当者と解体工事の現場立会いを行います。 現場を見るということは解体の見積りを作る際に非常に重要な流れです。というのも、同じ大きさの家を壊す場合でも、『材質』、『道路幅』、『道路の管轄』、『作業スペース』、『近隣密集度』、『近隣施設』など、様々な条件で解体工事費用は大幅に変わってしまうからです。 それでは流れを見ていきましょう。 解体工事現場確認の流れ 家の大きさ…

続きを読む

ステップ1:解体工事業者に声をかける

ステップ1:解体工事業者に声をかける
解体工事業者に声をかけるといわれても、「そもそもどうやって探したらいいの?」と戸惑ってしまう方も多いと思います。 一般に解体工事業者を探す手段としては次の3つに分類されます。 1.インターネットや電話帳で近くの業者を探す 2.知り合いの解体業者に声を掛ける 3.解体業者斡旋サイトを利用する それぞれの良し悪しについては【解体業者を探すためのたった3つの手段】で解説していますのでそちらを参考…

続きを読む

ページの先頭へ戻る