くらそうね解体ポータル(旧解体工事の匠ポータル)

解体ブログ

お客様から”契約したい”と選ばれる解体業者になる方法

お客様から”契約したい”と選ばれる解体業者になる方法
解体業者共通の悩み 「見積りを出してもなかなか決まらない」、「もっと成約率を挙げるためにはどうしたらいいんだろう」というのは、解体業者さんにとって共通の悩みです。今回はそんな悩みについて解説していきたいと思います。 起こりやすい勘違い 契約が取れない業者さんの話しを聞いていると、「最近は冷やかしのお客さんが多くて困る」という声がちらほらと聞こえてきます。これは暗にお客様が悪いと言って…

続きを読む

大手依存型は危険?解体業者の理想的な集客方法とは

大手依存型は危険?解体業者の理想的な集客方法とは
解体業者の理想的な集客方法を考える 解体業者さんが営業を行っていく上で大切なポイントの一つが集客方法です。今回は理想的な集客方法について考えていきたいと思います。 大手の建設会社に依存するのは危険 多くの解体業者さんに共通するのが、「建設会社の下請工事で生計を立てている」という点です。元請け業者が大手であればあるほど安心してしまいがちですが、実は非常に危険なことなのです。 下請けを…

続きを読む

解体業者の集客手段5:経営者団体での人脈づくり

解体業者の集客手段5:経営者団体での人脈づくり
経営者団体での人脈づくりの解説 経営者団体には、建設業者や様々な士業の会員が所属します。これらの業種は解体工事とつながることがあるため、そのような人脈を築いていくのもひとつの集客手段です。今回は、そのような人脈づくりについて解説します。 経営者団体での人脈づくりのメリット・デメリット メリット 経営に関する勉強の副産物として集客ができるため、一石二鳥の手段であるといえます。異業種の…

続きを読む

五輪誘致や消費税増税による解体工事業界の今後の動向

五輪誘致や消費税増税による解体工事業界の今後の動向
様々な要因が入り乱れる解体工事業界 五輪誘致の決定、消費税増税、アベノミクス、空き家の増加といった様々な要因により、解体工事業界の動向は地域差が大きく予測しづらい状況です。ここでは、そのようななかでも私達なりの予想をご紹介したいと思います。 長期的には成長市場 高度経済成長期に建てられた住宅が築40〜60年を迎え、各地で空き家問題が深刻化しています。行政も危険家屋の撤去のために独自で…

続きを読む

解体工事市場の将来はどうなるか

解体工事市場の将来はどうなるか
市場の将来を予測 解体業者さんとお話ししていると、「今は忙しいけれども将来どうなるか不安だ」という声を耳にすることが多くあります。確かに自分達が今後どうなるかは気になることですね。今回は市場が将来どうなっていくかを予測してみたいと思います。 空き家の増加により解体は増える 解体工事の市場を予測する上で着目したいのが全国の空き家の数です。少子高齢化に伴い人口が減り始めた一方で、高度経済…

続きを読む

解体工事業を営む上での消費税増税による注意点

解体工事業を営む上での消費税増税による注意点
8%、10%という二段階での増税で業者も注意が必要 2014年4月の消費税増税に伴い、小売店では金額表示の見直しがされました。解体業者は形のあるものを売るわけではありませんが、同様に注意を払う必要があります。この記事では、増税に伴う注意点についてまとめていきたいと思います。 税率を決めるタイミング 解体工事が一般の小売りと最も異なる点は、契約時期と工事の引き渡し時期がずれているという…

続きを読む

ステップ13:建物滅失登記を行う

ステップ13:建物滅失登記を行う
解体工事のステップもいよいよ最後ですね。今回は建物滅失登記のお話です。 滅失登記とは、法務局にある登記簿というリストから壊した家を抹消する手続きです。滅失登記を行うことは、家を取り壊したという公的な証明になり、その後は固定資産税なども徴収されなくなります。 滅失登記は施主の義務 建物滅失登記は施主に課せられた義務です。建物を取り壊した場合、取り壊しをした日から1ヶ月以内に建物滅失登記をしな…

続きを読む

ステップ12:マニフェストと再資源化報告書を受け取る

ステップ12:マニフェストと再資源化報告書を受け取る
解体工事が終わり、解体費用の支払いも済ませたらと、ホッと一息つきたいところですが、その後にも大切な作業があります。 それは、『解体業者から提出される報告書類の確認』です。 解体業者は『廃棄処分をした部材』と『リサイクルした部材』のそれぞれに関して、どのように処理がなされたかという書類を発行する義務があります。 今回は家屋取り壊し後の『書類確認のポイント』に関して解説していきます。 …

続きを読む

ステップ11:解体工事費の入金をする

ステップ11:解体工事費の入金をする
工事に不具合が無いことを確認したら解体工事費の入金を行います。 ちなみに支払いのタイミングに関しては、地域、解体の規模、解体業者の個別事情などにより様々です。 『工事完了後に全額』、『着工時に半額、完了時に半額』などいろいろなケースがありますので、詳しくは解体業者に確認すると良いでしょう。 支払いに銀行ローンを使う場合 住宅ローンの一部を解体費用に回そうとされる方もいらっしゃいますが、そ…

続きを読む

ステップ10:工事後の現場確認・近隣挨拶をする

ステップ10:工事後の現場確認・近隣挨拶をする
工事が終わったら、現場にて仕上がり具合の確認と、近隣の挨拶をします。 両方とも非常に大切な作業ですので、注意深く行いましょう。 現場確認時の注意点 現場確認の際の注意点をご紹介します。 ○壊し残しはないか 敷地内で壊し残した箇所はないかを確認します。事前の打ち合わせと比べてどうか、見積書と比べてどうか、という観点で確認してください。 ○コンクリートガラはしっかりと回収されているか 基礎…

続きを読む

ページの先頭へ戻る